<< カテゴリー「読書:自然科学・人類・考古学」を新設しました | main | 「木を植えよ! (新潮選書)」宮脇昭著 >>

監視カメラの映像を第三者に提供するのは慎重にするべきですね

監視カメラのルール - 深町秋生の新人日記

読んでいて深町さん同様に防犯カメラの映像が使われまくる現状に違和感感じていました。で、読んでいてふと防犯カメラの映像は個人情報にあたるんじゃなかったかなぁと思って経済産業省のカイドラインみたらやっぱり個人情報でした。

http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/privacy/070330guideline.pdf

【個人情報に該当する事例】
事例3)防犯カメラに記録された情報等本人が判別できる映像情報

なので、以下の条件じゃないと基本的に第三者に提供できないはずなんだけど
法第23条第1項
個人情報取扱事業者は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得な
いで、個人データを第三者に提供してはならない。
1 法令に基づく場合
2 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を
得ることが困難であるとき。
3 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であっ
て本人の同意を得ることが困難であるとき。
4 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂
行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることによ
り当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。


グレーゾーンっぽく読める3 公衆衛生の向上うんぬんも、
事例1)健康保険組合等の保険者等が実施する健康診断やがん検診等の保健事業について、精密検査の結果や受診状況等の情報を、健康増進施策の立案や事業の
効果の向上を目的として疫学研究又は統計調査のために、個人名を伏せて研究者等に提供する場合
事例2)不登校や不良行為等児童生徒の問題行動について、児童相談所、学校、医療
行為等の関係機関が連携して対応するために、当該関係機関等の間で当該児童生徒の情報を交換する場合


こういうの想定しているようなので、啓蒙活動だったり報道だったりに使うために第三者提供するのは違うっぽいんだよなぁ。

成立当初は厳格な雰囲気で事業者が震え上がっていたこの法律もいつの間にやら実効性が低下している感じなのかなぁ。
マスコミに提供しているのは個人情報取扱事業者に当たらない人達なのかもしれないけど、やはり防犯カメラの映像がバシバシ使われると社会通念上それは違うと言いたくなりますね。

個人情報保護法の知識 (日経文庫)
個人情報保護法の知識 (日経文庫)
岡村 久道

JUGEMテーマ:社会の出来事


社会 | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://kousyoublog.jp/trackback/1358
トラックバック
PR
PROFILE

山野光正(やまのこうしょう)。ハンドルネームは名前そのままKousyouです。自由に色々やってます。
検索